平成28年度実績 平成29年度実績 平成30年度目標 平成31年度目標 平成32年度目標
実績 実績 普及目標 普及目標 普及目標
件・軒・戸数 割合 件・軒・戸数 割合
ZEH 受託率 注文 3 100% 2 67% 25% 20% 40%
建売
既築
合計 3 100% 2 67% 25% 20% 40%
Nearly ZEH
受託率
注文 25% 40% 20%
建売
既築
合計 0% 0% 25% 40% 20%
ZEHシリーズ
受託率の合計
注文 3 100% 2 67% 50% 60% 60%
建売
(ZEH受託率+
NearlyZEH 受託率)
既築
合計 3 100% 2 67% 50% 60% 60%
その他の住宅 注文 1 34%
建売
既築
合計 0 0% 1 34%
戸建て住宅全体
の総建築数
注文 3 100% 3 100%
建売 0 0% 0 0%
既築 0 0% 0 0%
合計 3 100% 3 100%
BELSの表示割合 0 0% 1 34%
注文・・・・・新築注文     建売・・・・・新築建売住宅     既築・・・・・既築改修                    単位     (  軒 )
2.今後の普及率目標(年度毎)
 登録エリア 北海道以外の都府県  ZEH目標の公表方法  ホームページ 
 住宅の種別区分 新築注文住宅・既築改修 
 電話番号 0184-38-4119  URL  http://www.syunwa.jp/ 
業種 住宅設計・住宅施工 グループ網数 
 事業社名 有限会社 春和建業 
 登録名称 有限会社 春和建業
我社においても多くの皆さんに一次エネルギー消費量を出来る限り削減できるように色々な取り組みを行っています。


ZEHの取り組み

1.ZEHビルダー情報
春和のZEHの取り組み

<ご参考> ZEHロードマップにおけるZEHの定義
【基本事項】
基準一次エネルギー消費量、設計一次エネルギー消費量の対象は暖冷房、換気、給湯、照明とする。また、計算方法は、平成25 年省エネルギー基準で定められている計算方法に従うものとする。なお、法改正等に伴い計算方法の見直しが行われた場合には、最新の省エネルギー基準に準拠した計算方法に従うこととする。
また、再生可能エネルギー量の対象は敷地内(オンサイト)に限定し、自家消費分に加え、売電分も対象に含める。ただし、エネルギー自立の観点から、再生可能エネルギーは全量買取ではなく、余剰電力の買取とすべきである。また、再生可能エネルギーを貯めて発電時間以外にも使えるよう、蓄電池の活用が望まれる。
● ZEHの定義
以下の①~④のすべてに適合した住宅
① 強化外皮基準(1~8地域の平成 25 年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)を満たした上で、UA値 1、2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K]相当以下、4~7地域:0.6[W/㎡K]相当以下)
② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減
● Nearly ZEHの定義
以下の①~④のすべてに適合した住宅
① 強化外皮基準(1~8地域の平成 25 年省エネルギー基準(ηA値、気密・防露性能の確保等の留意事項)
を満たした上で、UA値 1、2地域:0.4[W/㎡K]相当以下、3地域:0.5[W/㎡K]相当以下、4~7地
域:0.6[W/㎡K]相当以下)
② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から75%以上100%未満の
一次エネルギー消費量削減
(注) 上記はZEHロードマップにおけるZEHの定義であり、本事業の要件と異なる部分があります。
我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
スーパーパネル
春和の旬話
その他のリンク
 資金計画
シュンワケンギョウ
暖かく快適な理想の住まい
イベント情報
アパート情報
春和のリフォーム
基本仕様
会社方針
トップページ
アクセス
お問い合わせ
FPの家
会社案内
0184-38-4119

秋田県にかほ市金浦字鳥長根42-4
春和建業
有限会社 
SYUNWA
ZEH  ゼロエネルギーハウス